脱毛サロンなどの免許事情

7月 17th, 2014

まつげエクステは、こってり塗るマスカラと違って自然に目元を華やかに
見せることが出来るので人気ですが、その中で目の炎症などの被害が後を絶たず、業界団体や国が安全対策に苦心しているそうです。

私も何度かしたことがあったのですが、やり始めると自まつげまで抜けてしまったりするのと、視力がわるいのでハードコンタクトレンズが手放せないのですが。

異常にながーいまつげエクステが抜けて目に入ってしまった時は、地獄の痛さで涙が止まらなくなってしまうんですよね。。。(^^;)なので余り我慢できずに辞めてしまいました。

それよりもこのまつげエクステって資格がいるんですってね。知りませんでした。誰でも少し勉強するだけで出来るものだと思っていましたが、人工毛を接着剤でまつ毛に貼り付けるデリケートな施術なのでやはり、美容師免許が必要なのだそうです。

でも、個人のエステ屋さんって、ほとんど無免許じゃないかな?って思います。

シースリーなどの脱毛エステはどうなのでしょう。

大手のサロンだとそのあたりのことはキチンとおさえて運営しているのでしょうかね。

じゃないと、名前が有名になってしまって苦情などのリスクも増えるわけですからね。その辺はきっちりしていないと怖いですよね。

色々気になりだすときりがありません。 流行し始めた5~6年前から健康被害も増加して、国民生活センターには「角膜が傷ついた」などの相談が毎年90件前後あるそうです。

技術向上の為に専門資格の新設を国に要望しているそうです。

This entry was posted on 木曜日, 7月 17th, 2014 at 10:50 PM and is filed under 健康・美容談義. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply