スマホ代の支払いが厳しい

6月 14th, 2015

昨年会社を退職し、自営業でリスタートしたのは良いのですが、スマホの料金の高さに日々戦々恐々とする日々の始まりでもありました。

会社員時代も、外を回る業務が多く、また、節約志向の強い会社であったため、携帯は自腹でした。なのに、上司からの着信履歴があっても、30分後には会社に戻るから直接話をしようと帰社すると、「○○君、折り返し電話しなよ。」と怒られる始末。内心、そんなにお給料もらってませんけどと思いつつも、「はあ、すいません。電話できなくて」と意味不明に近い言い訳をしていました。

お客様、お付き合い先からのお電話には、すばやく折り返し、すばやく要件を終わらせても、請求書には、1万円超えの数字が並び、家に帰ってまた怒られる始末。

一体どうすればいいんだ、いっそのこと、狼煙で連絡でも取ってしまおうかなどと、一人妄想を膨らませながら、それなら、収入アップして、スマホ料金が気にならなくしてしまおう!と独立をしてしまいました。(他にも独立の理由はあるのですが。)

しかし!独立しても連絡は取らなければなりません。かかってきた電話に全て出られるはずもありません。

独立後のお客様へのご説明、ご挨拶などをスマホでしていると会社勤務時代と変わらない金額での請求書が舞い込みます。

毎月毎月、「あれ?そんなに電話していないはずなんだけどな。」と、自分が知らない間に誰かが私のスマホで電話をかけているんじゃないかとの錯覚を覚えるほどの使用頻度と料金との違和感を感じています。

少し前から、格安スマホの文字が乱れ飛んでいますが、そろそろそちらの方も真剣に考えなければいけないかもしれません。

This entry was posted on 日曜日, 6月 14th, 2015 at 12:16 PM and is filed under 健康・美容談義. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply