子供のころの私にあげたい家庭用脱毛器ケノン

7月 16th, 2014

子供のころは、周りに毛深い子がいなかったので、自分がすごく毛深く見えてしまい、そのことにとても悩んでいました。

このムダ毛をどうにかしないと・・と思ってやっていたことは、はさみで腕や足のムダ毛をカットすることです。不自然なカットになってしまうのですが、ムダ毛が短くなるので自分では満足していました。

しかしこれだとすぐにまたはえてきます。こんなその場しのぎな方法ではなく、もっとちゃんとした脱毛がしたいと思っていても、子供なのでできることはありませんでした。

当時は今ほど脱毛についての情報がなかったので(ネットがなかったですし)、むちゃなことも考えました。ガムテープで脱毛しようかと本気で思ったこともあります。これは実行しませんでしたが・・。

こういう悩みは、友達にも話しづらいです。成長すると手足だけではなく、わき毛の処理も悩みに加わりました。ピンセットで抜いていましたが、毛穴が汚くなってしまいました。

今では家庭用脱毛器ケノンで、ムダ毛の悩みはかなり解消しています。子供のころの私に、今のケノンをあげたいです。

This entry was posted on 水曜日, 7月 16th, 2014 at 4:55 PM and is filed under 健康・美容談義. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply